フォロー10

フォロワ―9

ジェットビートボード

ホビー

  • 試作機(2機目)で製作したダブルジェットバージョンです。浮き輪を曳航するにはこちらが有効でした。
  • 推進機筐体部品とモーター、水中ファンなど一式。
  • オリジナルマインドで購入したカップリングとモーターです。
  • 側面をガムテープで保護してます。(実験でよくぶつけるので)
  • 改良を重ねて完成した推進機、小柄ながら推進力は今まで以上に高いです。
  • コントローラーです。箱を前後にスライドさせて電圧可変させる操縦方法になります。
  • ウォータージェット推進機(軸流式)の内部です。プロペラの奥に内側の筒が見えます。
  • 左右にある水中翼。真っ直ぐ進むよう方向矯正しています。曲がる際はビート板を傾ける方法で曲がります。
  • モーターのお手入れ。楽に分解できるので動かなくなったときなど修理しやすいです。
  • ダブルジェット実験風景。噴射口の水流はとても圧力があります。
username
VIEW
673

こんなのあったら面白いな

水泳で使うビート板に、自作のウォータージェット推進機を装備。人が横になれる長方形の浮き輪を曳航することを目的としています。製作過程の詳細はブログで紹介しています。
http://ameblo.jp/shinkansen-to-kyousou/entry-12164104729.html

コンパクト化を重ね絞り出した最終形態は、ジェットエンジンの構造です。図示の写真を載せますが水流に無駄が無いためか使用するモーターのトルクを活かたパワフルな推進力を生み出します。設計が難しい軸流式ですが、塩ビ管を使うことでそのコストと作業難易度が半減します。

地上の物を水平に引っ張る「牽引力」は、バネ秤の数値で5.2㎏を記録しています。バッテリーはRC用のニカド電池(7.2v)を4本積んでおり、熱量が凄いですが水で冷却できるため色々と助かっていたりします。

使用した加工機械
電動ドリル、万力、タップ、金ノコ、棒ヤスリ、半田、
使用部品
日本サーボDCモーター(型番不明)、カップリング(ディスク)他、

コメント 6

ターボチャージャーに近いユニットですね。見た目以上にパワフルそうで耐久性もありそうに感じます。製作していて大変だった事などありましたら、ぜひ聞かせてください。

レイちゃんさんコメントありがとうございます。「ターボチャージャー」と聞いて調べてしまいました。それは船舶での加速装置のことですかね。言われてみれば確かに似ていますし「割とイイ線いってるのかなぁ」と少し自信が持てました。 製作で大変なところですか、それならダントツで防水対策でした。水中で使う機械を作った事無い者が、知識やノウハウを積みながら製作していくというものでしたので。(ブログに製作日記が載ってます)他にも色々な問題が浮上しましたが、一つずつ打開していきましたので、苦労もひっくるめて楽しみながら製作できたのが正直なところです。

ご返信感謝いたします。メカトロライフ内の作品を閲覧していますが、乗り物を製作されている作品は珍しかったので、コメントさせていただきました。ウォータージェット推進ユニットが身近な物で製作出来れば、汎用性も高まりそうですね。

コメントありがとうございます。嬉しいこと言ってくれます。できるだけ簡単に作ることを意識したので転用したものが色々出来れば最高です。

これも面白い!製作されたウォータージェットユニットは無駄が無く利に適う形に仕上がっているね。マリングッズとしても人気出そうな作品だ。

コメントありがとうございます。元々「面白そうだ」という感覚で製作し始めたので、ご評価くださると大変嬉しいです。コンパクト化と簡略化を求めて作っては壊しの繰り返しでしたし、私自身とても勉強になったと感じる作品です。