フォロー0

フォロワ―0

デルタ型 3Dプリンター RostockNano(仮称)

工作機械

  • RostockNano(仮称)とテスト印刷物(SPACE X Falcon9 高さ15cm)
  • 3つのステッピングモーターで3軸を駆動するシンプル過ぎる構造
  • 上から見ると三角形(デルタ型)が良く分かります。
  • おもちゃは作り放題です。
  • 部品はベースとなったRostock Miniを75%に縮小し3D Builderで修正しました。
  • RostockNano(仮称)の印刷風景です。隣はゴム足加工中の親のidbox!
中野島ロボット
VIEW
116

3Dプリンターで3Dプリンターを作る!

RostockNano(仮称)は、Reprapプロジェクトのデルタ型3DプリンターのRostockをベースにした日本の住環境に合わせた小型、軽量の3Dプリンターです。

日本で一番多い(と思われる)ディアゴスティーニの3Dプリンターを使って作ることができます。
ビルドボリュームは小さいですが性能も造形精度も親になった3Dプリンターと同程度です。
中学生レベルの知識と技能で作ることができ、海外のキックスターターに頼ることなく、15,000円程度(中古のステッピングモーターを使えば10,000円以下)で3Dプリンターを作ることが可能です。

仕様
サイズ 横25cm 高さ43cm 重さ2.8Kg
電源  12V 5A 消費電力 40w(造形時)
ビルドボリューム
 直径12cm  高さ15cm
ノズル  0.4mm
印刷精度 0.2mm ( 0.1mm~0.3mm)
印刷速度 50mm/s (最大 100mm/s)
移動速度 75mm/s (最大 120mm/s)
インフィル 75mm/s (最大 120mm/s)
フィラメント PLA、PETG、TPU

日本のモノづくりが廃れないように、メカトロニクスの入門機としてオープンソースで作ってみました。設計情報は公開予定です。

冷却ファンのノズルを金属加工できれば、直径は13cmぐらいは行けそうです。樹脂製のヘッドを金属の切削加工で作れれば、高さはあと2cmは高くできそうです。
プラットフォーム(真ん中のヘッドをつけている場所)やユニバーサルジョイントを金属部品にすれば、ガタも無くなり印刷精度も速度も上げられそうです。

使用した加工機械
idbox!
使用部品
ステッピングモーター、リニアベアリング、GT2ベルト、ベアリング、ホットエンド

コメント 0