フォロー0

フォロワ―0

「よつあし」

ロボット

  • ”ArudinoとSG90サーボモータを8つ組み付ける。以上” とってもシンプルです。
  • Arduino NanoとI/O拡張シールドを搭載するボディです。
  • しなる4本の足です。取り付ける向きで雰囲気が変わります。
  • Arduino IDEからスケッチを書き込めば、だれでも直ぐに動かせます。
  • Rostock Nanoを使って部品を印刷するのに、2時間程かかります。
  • 片持ちにして軽量コンパクトにした4本の関節です。
中野島ロボット
VIEW
92

ディスクトップで安全に遊べるシンプルな四足歩行ロボットです。

はじめに
「よつあし」は、Arduino Nano を使った、シンプルな四足歩行ロボットです。
日本ではなぜが、四足歩行ロボットのキットが少ないので、3Dプリンタで作って見ました。

機体寸法
足を畳んだ状態で縦8cm、横15cm、あしを広げると縦15cm、横20cm程度で、重量は電池を含めて220gです。

デザインのポイント
・サーボモータの固定ネジが裏に飛び出さないようにフレーム厚みを6mm にしました。
・ボディにはArduino UNO/ Nanoと 拡張シールド/秋月Dタイプ基板が載せられます。
・横から見ると足を畳むとぴったりになるように、サーボモータの間隔を決めています。
・サーボマウントは、メーカー毎の外径の違いを吸収するために、角に丸穴を空けています。

公開した理由
昨年の「2017年 ものづくり文化展」では、”FabLab Setagaya at IID賞”を頂いたので、FabLab でみんなで作って遊べるように、半田付け不要で、3Dプリンタがあれば簡単に作れて、安全に遊べるように設計しました。

3Dモデルと、Arduinoのスケッチは、3Dモデルサイトから無料でダウンロード可能です。
URL https://www.thingiverse.com/thing:3018095

制作記事は中野島ロボットのブログを覗いて下さい。
URL https://www.nakarobo.com/
(構造が簡単なので3Dプリンタが無くても作れます。)

3DモデルはDMM.make でも販売しています。
URL https://make.dmm.com/shop/218290/

おわりに
オリジナルはカニのイメージですが、足のとり付ける向きや動きを変えると、別の動物に見えてきます。
いろいろなセンサーを積んで、自分だけのオリジナルロボットを作って見て下さい。

中野島ロボット:〇川

使用した加工機械
Rostock Nano、 idbox!
使用部品
Arduino Nano、Arduino Nano拡張シールド、SG90サーボモータ

コメント 0