フォロー2

フォロワ―4

CNC制御フェンス搭載の自作テーブルソー

工作機械

  • テーブルソーのフレームをアルミ押出材で制作
  • スライド機構のパーツ
  • 一通りパーツを組み立てたもの
  • Raspberry Pi と grbl
  • ホーミングサイクルと安全のためのリミットスイッチ
kebari
VIEW
65

以前からテーブルソーのフェンスをどのように取り付ければ、簡単に高精度の位置出しができるのかを考えていました。その一つとしてCNC制御を考えていましたが、なかなかイメージできずにいました。
テーブルソーのフレームにアルミ押出材を利用することで、CNCのスライド機構の取り付けイメージが浮かび制作することにしました。

制御には、Raspberry Pi、grbl、Androidを使用。
Raspberry PiとgrblをUSBで接続し、Raspberry PiをSocket通信サーバーにしてクライアントのAndroidから指令を送信するようにプログラミングしました。
リミットスイッチが取り付けてあるのでホーミングサイクル動作でデフォルト位置を10mmのように、常に同じ位置に移動させることができます。

フェンスがCNC制御になると、現在位置の把握、繰り返し作業、0.1mm単位での制御などプログラミング次第で使用方法が広がります。

使用した加工機械
自作単管パイプCNC、自作3Dプリンター
使用部品
ポリカーボネート板、アルミ押出材、スチールパイプ、ABSフィラメント、Raspberry Pi、grbl、Android

コメント 0