フォロー0

フォロワ―1

ポケットに入る機構学

芸術

  • 【作品】ポースリエの直動機構
  • 【工夫点】部品間の隙間を造形推奨値よりも詰め、造形後に型抜きの要領で分離しています。
  • 【特長】名刺入れに収納できます。
  • 【シリーズ化】ハートの直動機構(軸と軸受を型抜きできず、残念ながら動きませんでした…。)
  • 【再挑戦:ハートの直動機構】キーエンス製AGILISTA-3100シリーズを使用して再造形 → 動いた!
  • 【シリーズ化】ゼネバ機構
  • 【失敗:ゼネバ機構】軸と軸受が楕円に造形され、一発目の造形では動きませんでした…。
  • 【作品一覧】「ポケットに入る機構学」
こおり屋
VIEW
653

ポースリエの直動機構 等

ポースリエ(Paucellier)の直動機構を名刺サイズで再現した作品です。「格好いいけれど、あまり目立たないリンク機構」に光を当ててみました。機構学の教科書とは異なり、リンク機構の立体的なつながりを確認することができます。ハートの直動機構とゼネバ機構も製作し、「ポケットに入る機構学」として、シリーズ化しました!

機構の要素は、ナイロン(ポリアミド)の3Dプリンターで一括造形しています。
名刺サイズのため、リンク機構としての可動範囲は狭いです・・・。

<本機構の特長>
ポースリエの直動機構は円運動を直線運動に変換できる機構です。図形を作図する際、直線は定規を使って描きますが、数学的に考えると定規の形状に依存したものを"直線"として転写していることになります。本機構は定規の形状に依存しない数学的な直線を描くことができる機構です。直線の美しさや奥深さについて、再発見することができます。

使用した加工機械
3Dプリント出力サービス

コメント 0