フォロー3

フォロワ―3

Fabミニ四駆

ホビー

  • ミニ四駆をつくっていたはずが、気がついたらマイコンカーをつくっていました。毎度の心労が嫌で気楽につくれるミニ四駆に手を出したはずが、なぜここに戻ってきてしまうのか‥
  • 下り坂を検出する為に、アームとセンサーをフロントに取り付けています。下り坂は飛び出しやすいセクションなので、検出したらブレーキをかけます。
  • 強力なブレーキをかけるために、モーターを反転させる回路を取り付けました。が、コイツが鬼門でした。うまく動かないうえに、動いたら動いたで「モーターの出力」と「作り直す為の日数」が足りない現実を突きつけられたのです‥
  • 当日の動画ではありませんが、走ることには走りました。ただ、大会当日の巨大な下り坂には通用せず、度々コースアウトすることに‥
  • 当日のスタートの様子です。まだ大人しい方の車体が並んでいます。
五味ヒデトシ
VIEW
307

■Fabミニ四駆について
Fabミニ四駆カップ2016(https://fabmini4wd.com
に参加した際の車体です。
ほぼ「コースに入って走ればなんでも良いよ」というルールのもと製作しました。
結果は惨敗でしたので、来年は改良してなんとか上を目指したいです‥

Fabミニ四駆カップはここ何年か連続で開かれています。
大会というと大抵似たような車体ばかりになるものですが、Fabミニ四駆はひたすらエントロピーが増大して収束する気配がないという、かなり貴重な種類の大会になっています。

その年のトレンド(流行りの設備環境 / 参加者の興味のある技術)を表した車体が出てくるので、勉強にもGood!!!

■製作した車体について
ミニ四駆のコースで問題になるのは立体のセクション。
ここで車体が飛び出さないように減速する事でタイムロスが発生します。
コースによっては巡航速度を下げて走行しないと完走できない場合もあります。

じゃあ、これに対応するためにセンサー積んで要所だけ減速しようぜ、というのがこの車体のコンセプトです。

使用した加工機械
mini-CNC COBRA
使用部品
フォトマイクロセンサ、ベアリング、アルミ板、POM板など

コメント 0