フォロー0

フォロワ―0

自作アクリルギヤボックス

ロボット

  • ネジ止めをしなくても組み上がります。ギアと出力シャフトはタミアのギアボックスに入っていたものを使っています。その他の軸は真鍮パイプです。
  • 真鍮パイプでスペーサを入れています。
  • 設計はCreo Elements/Direct Modeling Expressを利用しました
  • RD300で切り出したところです。φ1mmのエンドミルを使っています。なるべく無駄が無いように並べています。
  • エンコーダーも取り付けられます。エンコーダーディスクは基板加工カッター(土佐昌典FT)で加工しています。
  • フォトインタラプタは増幅回路付きです。
gaki
VIEW
580

CNCを使った美しいアクリル製ギヤボックス

ロボットトライアスロンという大会用に、材料費が安く、精度の良いギアボックス作りました。
アクリルで作ったので、見た目も良いです。
大学のサークル(北海道大学 ロボットアーキテクト)の設備をお借りして作成しました。
使用部品
・アクリル板(t=2)
・真鍮パイプ(5×0.5と3×0.5)
・ギア(タミヤギアボックス、その他市販品)
・出力シャフト(φ4、タミヤギアボックス)
・紙エポキシ基板(t=1.6)
・ベアリング(内径φ4)
・モーター(マブチモーターRA260)
・その他(ケーブル、トランジスタ、抵抗)

使用した加工機械
KitMill RD300、バンドソー等
使用部品
アクリル、タミヤ製ギヤボックスのギヤ、真鍮パイプ(φ5×0.5、φ3×0.5)、マブチモーター(RE-260RA)

コメント 1

クリアーな外観に惹かれました。追加で部品を装備するスペースもあり使い勝手よさそう。