フォロー6

フォロワ―9

アルミフレーム穴あけ治具

ツール

  • フレーム用ナットを使って治具を固定します。
  • 中央の切り欠きにケガいた線を合わせて治具を固定
  • 裏面はフレームの溝にはまるように凸形状にして正確に穴位置を合わせられます
  • 穴加工後のフレーム。溝の中心に正確に穴あけ加工できます
Makke!
VIEW
120

正確な位置に穴あけ加工ができます

アルミフレームに穴あけ加工をしようとすると、ドリルの先が微妙に逃げてしまうので正確な位置に穴をあけるにはフライス盤使って加工していました。
フライス盤では位置合わせが面倒なので、ボール盤で簡単に穴あけ加工ができる治具を作成しました。

穴加工の位置合わせは治具の切り欠き部分にケガいた線と合わせます。
治具の固定はアルミフレーム用のナットを使って固定します。
その後、ボール盤で治具をの真ん中の穴にドリルを通して穴を加工します。

穴あけ治具を使えば、ハンドクランプで簡単に穴あけ加工できるので加工時間を短縮できました。
また、フレーム同士を固定するブラケットが案外バカにできない金額になるので、直接フレーム同士をねじ固定することでブラケット代を節約できます。

使用した加工機械
KitMill AST200
使用部品
S50C、Φ4エコノミーエンドミル

コメント 2

これは便利!ガイド無しだとドリルの刃先がズレたりしますね。良いツールです。

ありがとうございます!
治具を作る手間がかかりますが、それ以降はストレスなくクオリティの高い穴加工ができて便利です!