フォロー6

フォロワ―9

箔押しスタンプ

ツール

  • 簡単な構成で温度調節可能なものを作成しました
  • 小手先に反転刻印を固定できるようにしています
  • ノート(厚紙)にはうまく転写できませんでした...
  • レザーには完璧に転写できています!
Makke!
VIEW
29

半田ごてを改造して箔押し用の小手を作成しました。

熱転写の箔押しを試してみたくなり、半田ごてを改造した熱転写スタンプを作ってみました。

半田のこて先に刻印をセットできるように改造しています。
熱転写の箔は120℃が適正温度との事なので、温調器で温度調節を行います。

手元にあったノート(厚紙)に試してみましたが、密着度が良くなくうまく転写できませんでした。
後日、レザーの端切れに転写してみたところ完璧に近い仕上がりで転写することができました。

ノートに転写できなかった要因はスタンプの圧力がまんべんなくかからなかったことが原因かなと思います。
レザーは柔軟性があるので押す力を柔軟に受けれたのだと思います。

次はハンドプレスを改造したもので試してみたいと思います。

使用材料
・中古品の温度調節器
・中古品のいろいろなアルミ材A2017
  https://www.originalmind.co.jp/useds/52327
・半田ごて
・温度センサ

使用した加工機械
AST200
使用部品
A2017、温度調節器

コメント 0