フォロー0

フォロワ―4

メタル輪ゴム銃「ガゼルT3」

ホビー

  • ダウンロードできるのはNCデータの他、DXFもありますので加工の範囲が広がります。
  • 2016.3.31 Illustratorでゴム銃の外観をデザインしつつ内部の機構を設計します。
  • 2016.4.6 Cut2Dを使いNCデータが完成。RD300の加工範囲(220×300mm)に全パーツが収まりました。
  • 2016.4.15 RD300にて切削。加工時間は7h。朝から始めて夕方に終わる感じです。
  • 2016.4.16 タップや皿ざぐりなどの穴加工をして仮組み。そろそろ名前を決めなくちゃ・・・。
  • 2016.4.17 各パーツにアルマイト処理を施す。作業中は忙しくて写真撮り忘れました。
  • 2016.4.23 完成。オレンジに染めましたがシルバーのままの方がカッコ良かったかも。
  • カッティングシート(などのテープ)を細かく切って中央のパーツの裏表に貼り付けます。これをやらないとトリガーが動きません。
  • トリガーの復帰バネはグリップの中に。バネの代わりに弾である輪ゴムでも可。
新妻 一樹(ZumA2)
VIEW
1005

9連発のゴム銃をあなたに!

「シルバーウルフ2015コンセプト」は複雑なギミックや機構を搭載したものでしたが、今回は最もシンプルな発射機構の連発銃を作りました。機構がシンプルなので誰でも簡単に組み立てて遊ぶことができます。
こちらの作品は設計データのダウンロード販売を行っております。
切削にはアルミ(A5052)は2mmのスクエアエンドミル、グリップ(MDF板)は3mmのボールエンドミルを使用。切削後、穴にタップを通したり皿ざぐりを行う箇所があります。
また各パーツを切り離した後で、バリ取りをする必要があります。
材料にはアルミ(A5052)3mm、MDF板9mm(グリップ部分)、M4ビス各種、3mmスプリングピンなどを使用します。
アルミ以外の材料で作ることも可能です(ナットを使用すればタップ加工のできない木製も可)。
専用ディスプレイスタンドのデータも含まれていますので、飾ってもお楽しみ頂けます。

ブログにも詳細ページをアップしました。
【連発銃『ガゼルT3』- GAZELLE T3 -】
http://yappaps3.blog.shinobi.jp/Entry/377/

使用した加工機械
KitMill RD300

コメント 2

シルバーもかっこ良かったですが、個人的にはオレンジのほうが好きです!

ありがとうございます!
他にはブルーやピンクのも作りたいと思っています(^^ゞ