フォロー0

フォロワ―4

競技用輪ゴム銃キッズモデル「ロビンmkII」

ホビー

  • 『ロビンmk-II』濃い青バージョンはこの撮影の後、塗り替えることとなる。
  • 設計兼デザイン画。上が前作、下が今作。サイズの違いに我が子の成長を感じます。
  • ゴム銃射撃競技会での様子。腕前はまだまだです。
  • 切削を終えたアルミパーツ。トリガーなどの機関パーツは後で真鍮で作り直します。
  • 切削中のMDFパーツ。屑がヒダ状にごっそり溜まってますが、問題なく切削は進みます。
  • 写真を撮り忘れましたが、切削を終えたMDFパーツのイメージ。3D加工するNCプログラムを作れるソフトを持っていないのでCUT 2Dで。
  • その為、角は紙ヤスリなどを使い手作業で丸めることになりました。
  • 単発銃なので発射機構は至ってシンプルですが、ゴム銃競技での必中する秘決が随所に散りばめられています。
  • MDFパーツは接着して一体にします。今回は仕上がりを左右するヤスリ磨きに時間を掛けられず。
  • 塗装中。白・黒・青系のスプレーを適当に吹きつけました。
  • そして完成。デザイン画よりも濃い青に落ち着きました。すると・・・
  • 息子から「水色がよかったのに」とか言われ、さらには「反対側は黄色がいい」とか言い出す始末。
  • 最後に新旧の実物比較。CNCフライスを使ったことで、立体感のあるデザインにできました。
  • というわけで塗り直し。こっちが水色。試し撃ちの様子。
  • こっちが黄色(+オレンジ)。サイズ・使いやすさ・精度とも問題なさそうです。
新妻 一樹(ZumA2)
VIEW
121

息子が競技で使う高精度な単発式のゴム銃

■競技用輪ゴム銃キッズモデル「ロビンmkII」
瞬間解放式単発銃
銃身長:235mm/サイズ:335mm×120mm×33mm
使用素材:アルミ(フレーム)/MDF板(装甲)/真鍮(トリガー・ホールドフック・他)

 ゴム銃射撃競技に参加するようになった息子(6歳)。現在使っている銃は3歳の時の手のサイズに合わせて作ったものなので、窮屈になってきました。そこで新しい銃を製作。3年前のものは完全手作りでしたが、今回はすべてのパーツをCNCフライスにお任せ。子供がわくわくするようなデザインでありながら必中の精度を有す性能を併せ持つゴム銃にしました。

 手作り時代はパーツの切出しはもちろん、組立後の削り合わせ調整にも膨大な時間が必要でした。特に競技用のゴム銃は当たらなければ意味が無いので。それがCNCフライスを導入してからは殆どバリを取って組立るだけ。調整をせずとも命中精度はバッチリです。もう手作り時代には戻れそうにありません。

使用した加工機械
KitMill RD300

コメント 0