フォロー2

フォロワ―2

アサルトライフル型輪ゴム銃【TS-17 Aardwolf】

ホビー

  • 【TS-17 Aardwolf Custom】全体重量は約4500gである。本銃は岩場での迷彩効果が高い。
  • ノーマルモデルのTS-17 Aardwolf 重量3600gなのはこちら
  • 正面から
  • アイアンサイト
  • セレクター
  • TS-17 Aardwolf用マガジン(上がセミオートのみ、下がセミ/フル切り替え式)
  • TS-17 Aardwolfのトレードマークである刻印、実際5.56mmNATO弾は使えないが架空の国の軍隊が仕様しているという設定で刻印されている
  • 製作動画
  • ダミーマガジンが外された状態、下にある銃は東京マルイのSIG P226
林檎大福
VIEW
148

リアリティを追求した実戦的な輪ゴム銃

制式名称【Team Savanna,Assault Rifle Rubber Gun,Aardwolf-17】
略称【TS-17 Aardwolf】

仕様
全長 :890mm
重量 :3600g
装弾数:15発
使用弾:#16
銃身長:200mm

AK-74ベースにストックはG36とPKM、レシーバーはAK-12とMP5、ダミー弾倉周辺はAR-15、ハンドガードはSVDとSPAS-12のデザインを参考にして作られた銃である。

ハンドガードの左右と下に20mmのレールが備え付けられており、ここにはレーザーサイトやフラッシュライトなどを取り付けることが出来る。またオプションとしてドットサイトをはじめとする近距離用の光学照準器が搭載可能。ダミーではあるがコッキングレバーやマガジンは本物の銃同様稼働する。ただし排莢口は動かない。銃本体はアードウルフという動物をイメージした迷彩塗装が施されている。銃身は鋼、その他はアルミニウムとアクリルで構成されており剛性は実銃に匹敵する。(と思われる。)

輪ゴム銃の性能としては脱着可能な装弾数15発の弾倉を備える。この弾倉はセミオート/フルオート切り替え式で発射機構としてはZumA2さんの【ガゼルT-3】を基に設計されている。銃本体にはセレクターが備わっており(S)は安全、(1)がセミオート、(A)がフルオートとなっている。この弾倉はまだ開発途上の段階で動作安定性のやや欠けるため、フルオート機能を廃した代わりに動作安定性を高めたセミオートのみの弾倉も製作した。こちらも基本設計はZumA2さんの【ガゼルT-3】から来ている。脱着式の弾倉を備えるため寸法さえ合えば様々な発射方式の弾倉が使えるのがこの銃の強みとも言える。

紙コップに対しての有効射程は2.5mであり、命中精度は中程度である。今後は命中精度を高めた瞬間開放式の狙撃用弾倉モデルを製作する予定である。

銃の重量はノーマルで約3600gと本物の5.56mmアサルトライフルの中ではやや重い部類ではあるもののバイポットを立てれば子供でも安全に扱える。

対象年齢:6歳以上

製作期間:4ヶ月

総製作費:66,500円

使用した加工機械
Kit Mill BT200 旋盤
使用部品
20mmレール フラッシュハイダー レーザーサイト ドットサイト フラッシュライト バイポット フォアグリップ ダミーマガジン(東京マルイ次世代M4用)

コメント 2

オプションの装着機構、利便性が高い脱着式の弾倉、様々な銃を参考にした各パーツのデザイン、さらにはダミーのコッキングレバーやマガジンどれもレベルが高すぎて輪ゴム銃とは思えません。

コメントありがとうございます!初見では誰もが輪ゴム銃だとは気づかないようにとデザインを凝らした甲斐がありました。外見が本物の銃そのものなのでお外への持ち出しは注意が必要です。