フォロー2

フォロワ―1

スマホケース

スマホケース

  • ヒノキをCNCで両側面出しし、スマホケースの形状に切削中の様子。木材は柔らかい材料ですがエンドミルがよく切れる状態でないと繊維がエンドミルに巻きつきます。
  • CNCで切削したケースの角をやすりで丸めます。紙やすりで仕上げをします。
  • 表のカバーはジュラルミン(A2017)で切削します。エンドミルの切削の痕をあえて表面にくるようにデザインしました。
  • スマホ(雅)と自作ケース。
  • ケースに入れた状態。固定は表からネジ止めします。元の直線的なデザインから丸みを帯びたデザインになり、まるで別物のスマホの様です。
  • キガタメールで木材を硬化させました。
佐々機
VIEW
114

FREETELのSIMフリースマートフォン「雅」(FTJ152C-Miyabi-BK)を発売直後に購入したのですが専用ケースがほとんど存在しない状態でした。そこで自分好みの専用ケースを製作することにしました。

使用した加工機械
KitMill RD420
使用部品
板材(A2017) 板材(ヒノキ)

コメント 0