フォロー0

フォロワ―1

DELTA型3Dプリンタをリニアガイドで作りなおしてみた

工作機械

  • 全景1
  • 全景2
  • 1年前の姿
  • 今の姿
  • 奪われた「LMガイドアクチュエータ」の今の姿
  • タイミングベルトの対向側。フランジ付ベアリングを支えます
  • 柱と2方向へのアルミフレームのジョイント
  • 柱の溝に沿わせたケーブルが抜けてこないようにするストッパ
  • センサー取り付けも3Dプリンタで作成
  • ベルトが抜けないように隙間を調整。3Dプリンタなので作り直しも短時間
  • 柱に接する面は、フライス盤で平らに削りました
  • 「LMガイドアクチュエータ」から、リニアガイドへ変更
  • DELTAタイプ3Dプリンタをリニアレールでつくりかえてみた
kakiralime
VIEW
258

1年前に作成したDELTA型の3Dプリンタ。贅沢にも「LMガイドアクチュエータ」が用いられていた。気が付くと「LMガイドアクチュエータ」が別のものに生まれ変わっていた。残された残骸は無残にもほこりがたかって....。今回は、残骸を再び甦らせることにしました。「LMガイドアクチュエータ」の代わりに、リニアガイド(NSK社)と、タイミングベルトを用いた方式へ。材料は中古品の再利用で安価に実現できました。多くの部品は3Dプリンタにより作成しました。

使用した加工機械
3Dプリンタ(自作 ATOMタイプ) 卓上ボール盤 小型フライス盤 卓上スライド丸のこ盤 3DCAD 123D(BETA9)
使用部品
いろいろなフリーナット アルミシステムフレーム 30X60mm、19mm角 (メーカー不明) リニアガイド (NSK社 中古) タイミングベルト(メーカー不明 中古) タイミングプーリー(メーカー不明 中古) 真鍮丸棒(秘密基地社) 「LMガイドアクチュエータ」を奪われたDELTA型3Dプリンタの残骸

コメント 0