フォロー0

フォロワ―1

廃材でLEDランタンを作成

ツール

  • 使わなくなったビデオカムコーダ用の電池を背負っています。
  • 電池を外して、車のシガーライターから電源を取ることもできます。
  • 点灯状態の写真。明るさは、8段階に調整可能です。PICマイコンでPWM制御します。
  • 電源スイッチとDCジャック。
  • 40W 直管型LED蛍光灯 格安でした。
  • 分解すると、大きなLEDが大量に実装された基板が出現。
  • 自作CNCで切削して作成します。
  • ビデオカムコーダ用の電池がたくさんあったのですが、使い道がなくて放ってありました。3Dプリンタを手に入れたことで、ホルダが作成できるようになりいろいろと使えそうです。
  • ビデオカムコーダ用の電池がたくさんあったのですが、使い道がなくて放ってありました。3Dプリンタを手に入れたことで、ホルダが作成できるようになりいろいろと使えそうです。
  • ホビーショップで扱われているバナナコネクタ。本来は、リード線の中継に使われるようです。
  • LED蛍光灯の丸い部分にはめます。
  • バッテリの側面の溝に突起がはまります。切削では作成が困難でした。
  • このスイッチを押すたびに明るさが変わります。最後にセットした明るさを覚えていて、次に電源を入れたときは、その明るさで点灯します。
  • すぐに試作ができるのが、3Dプリンタの良いところです。
kakiralime
VIEW
66

近所の電子パーツ店で、LED蛍光灯のジャンク品を安価に入できたため、家のあちこちの照明として交換しましたが、40Wの直管タイプが合う場所は限られ、20Wサイズにカットすることもありました。カットした残材を眺めていて、なにかに使えないかと思いついたのが、キャンプや停電時に役立つランタンでした。

使用した加工機械
3DCAD 123D(BETA9)
使用部品
LED蛍光灯(40W直管型ジャンク)の残骸 ABSフィラメント 基板 電子部品(PICマイコン、LEDドライバ、スイッチ、DCジャック) ヨーロピアンコネクタ(バナナコネクタ) 自作3Dプリンタ 自作CNC(基板切削) エンドミル(0.5mm) 基板加工カッター土佐昌典VC

コメント 0