フォロー0

フォロワ―3

機械式腕時計

時計

  • 材質は真鍮です。すべてKitMill RD300で加工しました。歯車はΦ0.15のエンドミルで削り出しています。
  • 材質はSUS303です。こちらもKitMill RD300で加工しました。SUSは加工しづらいため、ミストをかけながら加工しました。
  • 苦労したひげゼンマイです。厚み、0.03mm、はば、0.4mm、直径Φ6mmです。
  • 組立前の状態です。部品は細かいので、ピンセットで慎重に扱います。
  • ムーブメントです。直径は36mmです。
  • 【機械式腕時計を作ってみた】How to make a mechanical wristwatch
したーじゅ
VIEW
1207

機械式腕時計を作成しました。自分が欲しい時計が見つからず、自作に至りました。 しかし、歯車の加工や、ひげゼンマイの成形、脱進機の作成等、一筋縄ではいかず苦労しました。 思い立ってから加工の勉強をし、時計の勉強をし、2年がかりでようやく完成させることができました。 苦労した甲斐あって満足のいく仕上がりになりました。

使用した加工機械
KitMill RD300 時計旋盤
使用部品
圧延ローラー 電気炉

コメント 5

MeetUPで実物を見ました。
削り出されたとても小さな歯車や精密に動く時計に驚きました。
また最後までやりぬく事とダメなら切り替えて次に行くといった製作のコツなど聞けて非常に参考になりました
ありがとうございました!

初めまして。
SUS303もRD300で切削されたとの事で、切削条件はどのような感じだったのでしょうか?

返信が遅くなり申し訳ありません。
SUS303の切削条件ですが、基本的には切り込みを浅くし、送り速度を上げて加工しています。
また、切削時にオイルミストを吹きかけながら切削しています。
また、エンドミルはフラットエンドミルではなくラジアスエンドミルを使用しています。
具体的な切削条件をいくつか書いておきます。

エンドミル:φ3 長さ12mm コーナー半径0.1mm
切削条件 :回転数8000rpm 送り速度500mm/min 切り込み0.08mm

エンドミル:φ2 長さ8mm コーナー半径0.1mm
切削条件 :回転数8000rpm 送り速度500mm/min 切り込み0.05mm

エンドミル:φ1 長さ6mm コーナー半径0.05mm
切削条件 :回転数15000rpm 送り速度200mm/min 切り込み0.02mm

ツールパスによっては上記の送り速度よりも落として加工する場合もあります。(φ3のエンドミルでφ4の穴を空ける等移動距離が微小な場合)

その他気になることがあれば連絡ください。わかることであれば返答いたします。

返信ありがとうございますm(_ _)m

エンドミルの切削条件を基に適用する条件は算出していましたが、
本当にこれで行けるのかと心配で(^^ゞ
非常に参考になりますし、実例として心強く思います。

SUS用フラットエンドミルを調達済みなので、
もし上手くいかなければラジアスを検討してみます。

切削実行がずれ込んでいましたが・・SUS303の切削に無事成功しました。
ありがとうございます^^